BLEABLEA Blog

さらに見る閉じる

2015.10.15

齋藤真菜美 齋藤真菜美

モデルになるために一歩を踏み出した中学三年生の女の子のシンデレラストーリー。BLEA(ブレア)女子高等部に入学をして関東高一ミスコンで優勝をするまで。

こんにちは。

今日は、私が担任をしているBLEA(ブレア)女子高等部一年生の宇谷美緒(=みおぶ)のお話です。

S__70107146

美緒は今年の3月まで、広島県に暮らす中学3年生の普通の女の子でした。

そんな美緒が、実に半年も経たない間に関東高一ミスコンで優勝をしたシンデレラストーリーを今日は本人の話、お母様のお話を交えながらお伝えしたいと思います。

「モデルになるにはどうしたらいい?事務所に入る?オーディションを受ける?」

など、モデルになる方法を探している人必見ですkiss

 

 

<美緒(=みおぶ)へのインタビュー>

 

Q1.なぜ遠い広島から東京に出ようと思ったの?1人で東京に・・・って、勇気が必要だよね??

A1.以前から雑誌のモデルになることが夢で、その夢を叶えたいという気持ちが大きくて。でも、広島から東京に行くという事は家族とも離れるし、お金も凄いかかるけん、「広島の高校に行きたい」って我慢して言い続けていました。

そしたら、私のほんまの気持ちにずっと気づいとった母ちゃんと父ちゃんが、「東京に行って夢を叶えてきんちゃい。」って、言ってくれました!

東京に行く事は凄い楽しみだったんじゃけど、家族と離れる事にすごく勇気が要りました。

 

IMG_7606

 

Q2.なぜBLEA(ブレア)を選んだの?

A2.私の夢に近づけるようにと、父ちゃんが一生懸命探してくれたのが「BLEA(ブレア)」でした。

 

SUZ_0627

 

Q3.BLEA(ブレア)女子高等部に入学をして、人生は変わったと思う?

A3.変わりました!!

東京に来ただけでもだいぶん変わったけど、BLEA(ブレア)女子高等部に入ったけん、雑誌やTV・アーティストさんのPV撮影への参加の経験が出来たり、メイクのスキルアップが出来たりと、今の私に色々な刺激をもらいました。

 

S__70107145

 

Q4.関東高一ミスコンで優勝するために、どんな事を頑張った?

A4.モデルになりたいという夢を持っとる今の私のレベルを知りたくて関東高一ミスコンへ応募したんじゃけど、オーディションとかの経験は0に等しくて、とにかく自分らしくおれるために自信を持つことを頑張りました(笑)

もちろん、メンタル面だけでなく、自分に合うメイクを探す事やSNS(twitterなど)で自分の存在を知ってもらう事・アピールも積極的にやりました。

 

12167228_909680219124024_945678674_n

※画像提供:モデルプレス

 

Q5.美緒(=みおぶ)と同じ夢を持っていて、これからBLEA(ブレア)へ入学しよう、東京へ出ようと思っている子に一言お願いします。

A5.夢を持っとる事はすごく素敵な事じゃと私は思います。

その自分の夢を叶えるには沢山辛かったり苦しかったりする事もあると思うけど、夢は努力したら必ず叶うけん、時間が多少かかっても諦めずに夢を追い続けて下さい!

BLEA(ブレア)は自分を変えられる場所であって夢への第一歩が踏み出せる場所です!

一度きりの人生楽しみましょー!heart

 

SUZ_0169

 

 

<美緒(=みおぶ)のお母様からのコメント>

本格的に進学先を検討し始めた頃、突然娘が「モデルになる夢を叶えるために東京へ行きたい。そしてファッションを学べるこの学校に行きたい。」と、BLEA女子高等部について伝えてきました。

高校は自宅から近い地元の高校へ進学をするものと思っていましたし、娘が行きたいと突然言い出した高校があるのは東京の渋谷。

正直、聞いた時すぐには返事をすることが出来ませんでしたが、娘が自分の意志によって選んだ高校を一度は見てみようと思い、娘と一緒に説明会に参加をしました。

説明会では先生方や在校生の方にお話を伺い、学生寮についても色々調べて紹介してくださりました。

この学校なら安心だと思いました。

15歳で広島から東京へ。東京へ1人で送り出すことに不安もありましたが、夢を叶えるための娘の行動力、決断力に親である私自身も勇気をもらった気がします。

入学後はテレビ出演や撮影等のお話を頂いたり、授業でダイエットのトレーニングがあったりと、たくさんの経験をさせてもらいながら、毎日学校へ行くことが楽しくて仕方がない様子です。

娘にとってBLEA女子高等部は夢に近づける場所、夢を叶えられる場所だと思います。

 

*★*―――――*★*―――――*★*

 

美緒(=みおぶ)も素敵な子ですが、お母様とお父様もすごく素敵な方なんだなぁと今回のインタビューで感じました。

モデルになる夢を叶えるためには、自分一人の力では叶いません。

家族・友達・学校...色々な人に支えてもらって初めて叶う夢なんですね。

 

でも今回、美緒(=みおぶ)が輝けたきっかけは、やっぱり自分のしたい事・夢を口に出した事かな??

まだ口に出せていない人、恥ずかしがっている人。

モデルへの道は、あなたの一言でドアが開けるかもしれません。

 

Share This:

Comment(4)

  • 茉莉 より:

    一つ質問なんですけど私は中3です。今年は受験なのですが
    学校に行きながらモデル活動をするっていうのは大抵が無理なのでしょうか?
    元々二コラのモデルに応募をしようと思っていたのですが
    それ以外のオーデにも受けてみようと思っています。
    どこかいい所はありませんか?

    • 齋藤真菜美 齋藤真菜美 より:

      茉莉さま

      こんにちは☆彡

      BLEA女子高等部にはモデル(芸能)活動と高校生活を両立しながら通学をしている生徒が多く在籍をしておりますが、それはBLEA女子高等部が「生徒のやりたいことを応援する」校風である為であり、大半の学校は出席率や校則などの理由から本格的に活動をして高校生活と両立をすることは難しいと思います。

      茉莉さまのおっしゃるように、もしモデルを目指されるのであれば、まずはオーディションへチャレンジをしスナップ撮影の参加から始めてみることが、遠回りなように見えて実は一番近道です。

      雑誌専属モデルオーディションやイベント(ミスコン等)のオーディションは、常に雑誌やネット上で情報が出ていますので、どんどんチャレンジをしてみてください。

      また、BLEA女子高等部のように、校内で在校生向けに限定オーディションを実施している学校もあります。

      BLEA女子高等部の学内オーディションは有名な芸能事務所の方や雑誌編集部の方がいらっしゃり、興味がある子をスカウトしてくれる制度です。この制度から雑誌の専属モデルになった生徒も過去に複数名おります。

      もし本気でモデルや芸能界を目指されるのであれば、BLEA女子高等部のようにモデル活動を積極的に応援してくれてチャンスも多い学校へご入学されることをオススメします。

  • 太田 梨彩 より:

    美緒ちゃんゥチとタメなのにすごいなぁと思いました。 私もブレアに入学したかったのですが、我が家は母子家庭の為東京に進学したいと言えずに今地元のKTCと言う学校に言っています。 そして、モデルという夢を叶えるために14日の日に初オーディションを受けに行きます! 自分に嘘をつけないので思いっきりやりきって悔いの残らないようにしたいと思います💪✨ 今回美緒ちゃんの体験談を聞いて私も頑張ろうと思いました😂 有難うございます🙍💝 そして、私達と同じ夢を持っている子達と一緒にこれからも諦めずに叶えていきたいなぁと思いました♡!。

    • 齋藤真菜美 齋藤真菜美 より:

      梨彩さん

      コメントありがとうございます!美緒の体験談を聞いてそう感じてもらえて、美緒も喜ぶと思います*^^*

      14日のオーディション頑張ってくださいね☆

      学校は違いますが同じ業界を目指す者同士、いつか同じイベントでお顔を合わせる日が来ることを願っています!☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です